老後のお金の不安を解消しませんか?ライフプランと資産運用・投資のことなら福岡市天神のFPオフィス クライアントサイドにお任せください。
【オンライン相談で全国対応】

福岡市天神のファイナンシャルプランナー事務所

FPオフィス クライアントサイド

〒810-0041
福岡市中央区舞鶴1-8-26
グランパーク天神C棟1028

092-716-3487

電話受付

平日9:00~18:00
(ご相談は土日祭日も対応)

お気軽にお問合せください

インフレに対する運用方法はどうすればよいのか?

インフレに対する運用方法はどうすればよいのか?

<メールマガジン 2016年7月26日>

先週23日(土)に自主開催の勉強会を行いました。


今回は子どもの夏休みの日程がなかなか決まらなかったことなどもあって、勉強会の開催日時の決定が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。


子どもの夏休みに加えて、社会人アメリカンフットボールのコーチをしている関係で、毎年オフシーズンの7月に選手の結婚式の予定が集中します。
私の時も7月に合わせて結婚式の予定を入れました。


そうかといって8月はお盆があるので日数が限られます。
いい日程を組むことがなかなか難しいですね。

 

インフレに対する運用方法はどうすればよいのか?
その先週の勉強会のアンケートにこのようなご質問(リクエスト)がありました。
とてもいいご質問なので、ここで共有をさせていただこうと思います。


「日本の借金が1000兆円を超えている。将来国が破たんすることはないと思うが、返済のためにインフレ(貨幣価値の低下)になる可能性が高いと思います。インフレに対する運用方法はどうすればよいのか?」


まずインフレに対抗する運用方法としては、インフレに強い資産(株式や金・不動産・高金利通貨など)を保有資産に一部組み込むことがあります。
または物価連動国債などを保有することも一つの対抗策だと思います。


インフレに備える必要としては、政府の財政以外の部分でも、日本は海外のインフレの影響を受けやすいことも理由にあります。


なぜなら日本の食料自給率は約40%程度(カロリーベース)しかありません。
6割は海外からの輸入に頼っています。
また、資源にいたってはほぼ全てを輸入に頼っています。


ご参考のために、IMF(国際通貨基金)が今月発表した消費者物価指数を載せておきます。
<消費者物価指数>
※2015年は実績値、2016年以降は推定値

【先進国】

2015年 0.3

2016年 0.7

2017年 1.6

 

【新興国】 

2015年 4.7

2016年 4.6

2017年 4.4

 

日本のインフレ基調は昨年の原油価格下落の影響もあって一旦収まった形になっていますが、海外に目を向けるとこのように着実にインフレが進んでいます。


日本銀行も2%のインフレ目標の実現に向けて積極的な財政政策を行っているので、とりあえずその2%程度に狙いを定めて、インフレに対抗できる資産を一定割合持つことはとても大切になります。

 

日本の財政への懸念
それと日本の財政への懸念ですが、私も日本の財政は破綻しないと考えています。
その理由は、日本の借金のほとんどを日本国民が消化しているからです。


政府の借金は年々増えていますが、その一方で日本の個人金融資産も増加傾向にあるので、今のところ国債の消化はほとんど国内でできていて、海外の投資家に頼る必要はありません。


また、日本は中国と並ぶ米国債の保有国でもあります。
それ以外の対外資産も多いので、政府のバランスシート(B/S)はどうにもならないほど悪いとは思えません。


したがって日本が財政破綻を起こす可能性は低く、ハイパーインフレの懸念も行き過ぎだと考えています。


しかし、GDPの2倍以上の莫大な借金があることは事実です。
そこで政府が今やっていることが、低金利を維持して国の借金がこれ以上膨らまないようにする一方で、デフレを脱却してインフレを実現してGDPを増やして、国に入ってくる税収を増やすというものです。


インフレで税収が増えて、借金が増えなければ実質的な負担は下がりますからね。
これがアベノミクスの狙いです。

 

国民の立場からすると低金利でお金は殖えない一方で、インフレで物価は上がり、増税で税金はたくさん取られるということになります。

 

せめて給料くらいは上がらないと大変厳しいのですが、現在までは一部の大企業の業績給与の上昇や、人手不足を理由とするあまり良くない形の賃金の上昇などにとどまってしまっていますね。


インフレになると金利を上げるというのは経済の常識ですが、それとは違うインフレなのに金利は上がらないという環境の中で私達は暮らしていかなければなりません。
その意味でも緩やかなインフレを想定して、保有資産のポートフォリオを組んだほうがいいでしょう。


お金を殖やすことだけが資産運用の目的ではありません。
大切なお金の実質的価値を守るというのも大事な資産運用の目的だと思います。

トップページ

   ごあいさつ

代表者 久保 逸郎

ライフプランと資産運用(投資)のエキスパート

プライベートでは週2回程度テニスをして、週末はランニング(マラソン)やキャンプ、スキー&スノーボード、シーカヤックなどを楽しんでいるアウトドア派。
大学時代から約30年間はアメリカンフットボールに携わっていました。
元オクトーバーベアーズ選手→コーチ→代表
'17~19みらいふ福岡SUNSコーチ

仕事やスポーツの時は真剣ですが、普段はいじられキャラの温和な性格です。
どうぞお気軽にご相談ください。

    アクセス

住所

〒810-0041
福岡市中央区舞鶴1-8-26
グランパーク天神C棟1028
 

地下鉄天神駅 徒歩5分

事前予約制

電話受付:平日9:00~18:00

ご相談は全て事前予約制とさせていただいています。

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

不定休

土曜日・日曜日・祝日も
相談は対応しています。

詳しくはお電話ください。

専門家プロファイル

専門家プロファイルにQ&Aへの回答、コラム掲載中

大洋不動産「しあわせ倍増コラム」に連載中